犬のしつけ

よく使う犬のしつけコマンド一覧(日本語/英語)

更新日:

犬のしつけ、お手

犬のしつけにおける悩みの一つに、コマンドを日本語にするか?英語にするか?ということがあげられます。

犬が覚えられるのはだいたい4字くらいの長さのコマンドと言われているので、できるだけ短いコマンドで指示してあげるのが良いですね。

果たしてどちらがいいのでしょうか?

犬のしつけコマンド一覧

犬のしつけコマンドには調べてみるとたくさんありますが、我が家のロッティにはそんなに多くは必要としていません。

「よく使いそうなコマンド」、「これから使ってみたいコマンド」を中心に整理してみました。

日本語 英語
お手 HAND/ハンド
おかわり CHANGE/チェンジ
おすわり SIT/スィット
伏せ DOWN/ダウン
待て STAY/ステイ
ついて SIDE/サイド
止まれ STOP/ストップ
おいで COME/カム
放せ DROP/ドロップ
頂戴 GIVE/ギブ
褒める GOOD/グッド
ダメ NO/ノー
家に入れ HOUSE/ハウス
持って来い TAKE/テイク
ディスクを捕らえろ CATCH/キャッチ
股の間をくぐれ THROUGH/スルー
右回り TURN/ターン
左回り SPIN/スピン

英語コマンドの特徴

英語コマンドは日本語コマンドに比べると短いフレーズになりますね。

普段よく使う「お手」「お座り」「伏せ」などは英語でも日本語でもそれほど大差はないのかなと思いますが、ボールを投げて持ってこさせる時などは「持って来い」よりも「テイク」で済むので非常にシンプルになります。

シンプルになることの他に英語コマンドの利点がもう一つあります。

実は犬は日本語よりも英語の方が理解しやすいということです。

犬は子音の区別が苦手とされています。

例えば、「スワレ」と「マテ」は犬にとっては「うあえ」「あえ」と聞こえる為、区別が難しいのです。

その為、母音のアクセントを強調する英語の方が聞き取りやすいと言われています。

しつけ教室では英語で教える事が多くなっていることもあり、これからは英語コマンドが主流になっていくのかもしれません。

日本語コマンドの特徴

当たり前ではありますが、やっぱりコマンドを出す側がわかりやすい(笑)

日本語でやっていると、その場の状況でついつい言い方を変えてしまったりして犬を混乱させてしまう事がありますが、統一した指示を出してあげるように気をつけたいところです。

英語に比べて文字数が多くなってしまうコマンドもありますが、独自に短いコマンドを作ってしまうのも良いかもしれません。

犬のしつけコマンドは英語派?日本語派?

我が家のロッティは結構悩んだのですが、日本語コマンドでしつけています。

犬を飼い始めた当初は、英語が主流になりつつあるし、子供達にも英語に慣れ親しむきっかけになればいいなと思い、英語コマンドでしつけようと思っていました。

ですが、外で英語コマンドを出したりするのがどうやら恥ずかしいらしく、結局日本語コマンドになってしまいました(笑)

英語の方が犬にとって理解しやすいなどの意見もありますが、しっかりやれば日本語でもちゃんと理解してくれますので、好みで選んで問題なさそうですね。

しつけは犬との信頼関係が一番大切なので、お互いストレスを感じずに楽しくしつけができる方を選んであげるのがいいと思います。

おすすめペットグッズ

 ロッティが愛用しているドッグフードやおすすめのペット用品を紹介しています。

モグワンドッグフード

野菜大好きで小食なロッティも食べてくれるフードです。

手作り食の美味しさ×ドライフードの栄養バランス
プレミアムドッグフード『モグワン』

マットブレーカー

  • 毛を切りすぎずに毛玉をほぐせる
  • 刃はサビに強いステンレス製
  • 手にフィットする持ちやすいフォルム
  • 左用にもなる、左右入れ替えの出来る刃

犬用シャンプー プロポリス・ワン

プロポリス・ワンは、ペットのためのラグジュアリーシャンプーです。

配合成分プロポリスの殺菌&ノミ・ダニ対策力及び、コロストラムの保湿力の働きによって、害虫から皮膚をまもるだけでなく、清潔で美しい輝く毛なみへと導きます。

詰め替え用も有り♪

-犬のしつけ
-

Copyright© オーストラリアンラブラドゥードルの里親ブログ , 2018 All Rights Reserved.