オーストラリアンラブラドゥードルの里親ブログ

オーストラリアンラブラドゥードル

緊急告知

ファーボ12月12日に再入荷!
クリスマスセール開催
【期間】12月12日~12月26日
¥27,000 → 18,900

クリスマス
Furboドッグカメラ|クリスマス特別セール開催決定!

世界中で40, 000人以上の愛犬家に利用されている「ドッグカメラのFurbo」が、AI搭載型の新世代Furboとして2017年11月17日より販売が開始されました。 多くのWEBニュースなどで紹介さ ...

続きを見る

犬のしつけ

私はこの方法で犬の噛み癖を治しました(生後10ヵ月)

更新日:

進撃の巨犬

我が家へ里親として迎えたオーストラリアンラブラドゥードルのロッティ。

「賢い犬」という評判通りその賢さの片鱗をよく感じさせられます。なぜそう感じるかと言うと、昔飼っていた犬との比較だけの話なのですが、よく人の目を見るのです。こちらが何を訴えているのかを理解しようとして目を見ているように感じるのです。

実際犬がどう考えているのかはわかりませんが、今までそんな犬に接したことがなかったので非常に驚いています。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

そんなロッティですが、犬を飼う上で一番重要な「噛み癖」がなかなか治りませんでした。いろいろ試してきてようやく改善されてきたので、その方法を失敗も含めて紹介したいと思います。

噛んだ直後にすぐ叱る

一番基本的なやり方は、噛んだら「ダメッ」(禁止用語はそれぞれ決めてください)と言い、止めたら褒めてあげる方法です。犬が噛んでくる時はだいたい興奮している状態なので、まず最初に「ダメッ」の掛け声を行うのは必須ですが、これだけで治ることは無いと思います。

噛んだら無視

ロッティがよく噛むケースとして、ケージの中にいる時に遊んであげようとして手を入れた時が挙げられます。

最初は撫でられて喜んでいるのですが、だんだん調子に乗ってきて噛み始めたりします。まず「ダメッ」と言うのですが、おそらく「ダメッ」の意味はもうわかっているのでしょう、あえて反抗的に余計噛んできたりします。

そんな時はサッと手を引いてケージから離れます。

これは私一人がやっている時は結構効果があります。ただし我が家では難しいです。何故なら、娘が3人いるため、誰かが無視しても次に別の子が遊んでしまうからです。

噛んでもいいおもちゃを与える

これはよく聞く定番の教え方かもしれません。ですが、私自身の感覚ではあまり効果がないような気がしています。「噛めばおもちゃを持ってきてくれる」と勘違いされているように感じるのです。

やり方が下手なのかもしれませんが、なんか犬にいいように使われて下に見られる可能性があるのではないか?と思います。

あまりやらないようにしてる方法ですが、興奮している時は落ち着かせなくてはいけないので結局おもちゃを与える結果となっています。

ですので、これは「しつけの方法」というよりは、「興奮して噛み始めた犬の対処法」と位置づけと考えています。

犬のおもちゃ 木のダンベル 天然木デンタルダンベルM 中型犬 歯ブラシ感覚で噛むおもちゃ 程よく硬いので安全 ハミガキにおすすめ【ペット用玩具 ペットグッズ ペット用品 帝塚山ハウンドカム 楽天市場店 柴犬 コーギー】

噛んだら大きい音を鳴らす

これも定番ですね。たまにTVでも観たことがあります。

最初にこの方法を知った時は、なるほど簡単そうだし、たしかにびっくりさせれば効果がありそうと感じたものでしたが、私はあまりやりませんでした。

理由は「恐怖を与えて従わせる」ようなやり方がどうも個人的に受け入れられないからです。「人間を従わせる時も恐怖を与えるのが一番簡単」と言われているのですが、これは悪いことでも自分の都合の良いように無理やり従わせたいときに使う方法と思っているので、自分の子供にはもちろんですが、犬に対しても使いたくないです。

とは言ってもついつい「○○しないと△△みたいになっちゃうよ~」等と子供に言ってしまうことがあるのですが、よく反省しております。

ちなみに大きい音を鳴らす方法は、噛み癖を治すしつけの時にはそもそもやりづらいです。自分に向かってハグハグしている状態なので、自分一人では無理で、誰かに手伝ってもらわないと難しいかと思います。

噛んだら手を口の奥に突っ込む

この方法はしつけ本でも読んだりしたことは無いのであまり良い方法ではないのかもしれないのですが、効果があります(笑)なぜ知ったかというと、昔、私の父親がやっていたからです。

「手を噛むと苦しくなるんだよ」という風に教える目的なのですが、確かに効果があるのですが、加減が難しくてたまに本当に苦しい思いをさせてしまう時があるので、かわいそうで滅多にやらなくなりました。

本当にガツガツと噛んできた時にたま~に使う奥の手です。

効果はありますが、多用しないように気を付けてください。

噛んだらマズルを掴む(推奨)

私が実践している中で、これが一番効果があります。

マズルを掴むのも少々かわいそうな感じではあるのですが、噛み癖は絶対に直さなくてはいけないので厳しく行っています。

この方法のポイントは、マズルを掴んだ時にしっかりと犬の目を見て「ダメッ」と言います。

最初は逃げようとするのですが、目を見ながら「ダメッ」と何度か言うと、理解したかのように大人しくなります。

そのあと手を差し出すと噛まなくなるので、すかさず褒めてあげます。

ちょっと厳しいやり方のように感じるかもしれませんが、この方法を真剣にやっていると、少しずつ理解してくれている感じが犬のしぐさで実感できます。

注意点としては、マズルを強く掴みすぎないことと、マズルを掴む時に鼻の穴をふさがないことです。決して痛い思いをさせたり、苦しい思いをさせたりする目的ではないので気を付けてください。

まとめ

私が実践してきた中で一番効果が出たのは「マズルを掴んで叱る方法」だったわけですが、それぞれに犬の個性がありますし、しつけをする時期によっても最適な方法は変わるかもしれません。いろいろな方法を知った上で、犬のきもちを考えながら探っていく必要があります。しつけの道具なんかもよく見かけますが、私はあまりオススメできません。もし、しつけ道具でうまく改善できたとしても、犬にとっては「飼い主にしつけられた」という自覚が芽生えないと思うからです。「しつけ」は根気が必要で大変なのですが、犬の気持ちを考えながら、犬との信頼を築きながら実践してこそやりがいがあるものだと思っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-犬のしつけ

Copyright© オーストラリアンラブラドゥードルの里親ブログ , 2017 All Rights Reserved.