オーストラリアンラブラドゥードルの里親ブログ

オーストラリアンラブラドゥードル

緊急告知

緊急告知11月30日(木)まで!
ファーボドッグカメラの大幅割引セール実施中
¥27,000 → 18,900

注目
Furboドッグカメラ|特別セール情報

世界中で40, 000人以上の愛犬家に利用されている「ドッグカメラのFurbo」が、AI搭載型の新世代Furboとして2017年11月17日より販売が開始されました。 多くのWEBニュースなどで紹介さ ...

続きを見る

犬のケージを自作しよう【DIY】

DIYで犬のケージを安く自作しよう!

更新日:

犬を飼うにあたり、まっさきに必要だと思い浮かぶのがハウスかと思います。

私の場合、これが非常に悩みました。外飼いであれば、犬小屋を用意すればいいだけかと思いますが、室内で飼う場合は飼い方によって様々です。

室内飼いの場合に必要な物としてクレートケージサークルが挙げられますが、正直初心者の私は「クレート」って何?というところから始まりました(笑)

最終的にはケージの「自作」に辿り着いたわけですが、やはり自作ならではのメリット・デメリットがあります。

当記事を参考にしていただき、愛犬と飼い主の双方にとって快適なハウスを選択していただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

犬の家の種類

クレート

まず、クレートは犬のケースのことで、移動の際に使用するものです。

我が家ではこのクレートを犬小屋代わりに使用することにしました。

どこかに連れて行く時や、ペットホテルに預ける時などにもクレートに慣れさせておくことにより、普段と同じように寝れるようにする為です。

クレートは非常に重要ですね。いつもクレートで寝かせているおかげで、ロッティにとっては一番落ち着ける場所になりました。

キャンプ等にも一緒に行きましたが、このクレートのおかげで夜も安心して寝てくれました!

52view
犬と一緒にカンパーニャ嬬恋キャンプ場へ行く!その1

Contents1 犬と初めてのキャンプ2 カンパーニャ嬬恋キャンプ場に到着!3 ドッグラン付きキャンプサイト4 腹減った~5 三姉妹&ロッティも満喫5.1 キャンプファイヤー 犬と初めてのキャンプ ...

続きを見る

 

ケージ・サークル

ケージとサークルはほぼ同じ位置づけですね。

犬の生活スペースの為の囲いですが、ケージは周囲を完全に囲ったもので、サークルは天井が無い囲いというイメージかと思いますが私はまとめてケージと呼んでいます。

サークルは強度が弱い簡易的な物もあるので、しっかりと確認した方がいいですね。

オーストラリアンラブラドゥードルはミニチュアでも結構力が強いです。

ケージ

サークル

 

犬の寝床にベッドを用意する場合は特にクレートは必要ないですし、室内フリーにする場合はケージも必要ないでしょう。

それぞれの飼い方によって必要なものが変わってくるかと思います。

ただ、しつけができるまでは必ずケージは必要に なるかと思います。

でも、ケージは室内環境に合うサイズがなかなか無いのと、あっても高かったりして選ぶのが非常に難しいです。

そこでっ!

DIY(Do It Yourself)

「DIY」私の好きな単語です。

大好きな「DIY」でケージを自作してみましたので、紹介したいと思います。

まずは完成写真から

ケージ完成写真

ちょっと大きく作りすぎたかな?とも思いましたが、犬の居住スペースとトイレを分離した贅沢な作りになっています

この写真では居住スペースで寝てますが、普段はよくトイレで寝てます(笑)狭いほうがすきなんですよね、犬って。

基本的に「安く作る!」がコンセプトなので、使う材料は極力「100均」で購入します^^

目標は1万円以内!

自作ケージの骨組み

ロッティは中型犬の部類に入るので、ある程度の強度が必要になります。

(※オーストラリアンラブラドゥードルのミニチュアですが、一般的には中型犬サイズ)

ここだけは「100均」で使える良い材料がない為、

矢崎化工のイレクターパイプを使用します。これはφ28のパイプで非常に強度があり、鉄製なので犬がかじったりしてもビクともしません。

矢崎化工 φ28イレクターパイプ アイボリー H-900 S IVO 【メーカー直送:沖縄離島不可:代引不可】

このパイプを使って骨組みを作ります。

長さもいろいろありますので、うまく選べばカット加工も無く組み立てられます。

組立ては非常に簡単で、パイプとジョイントを組み合わせるだけですので30分もあれば組み立てられます^^

ケージの骨組み

ケージの骨組み

今回製作したケージの全体サイズ

横幅 :1400mm

奥行き:  900mm

高さ :  750mm

使用したバイプ

※長さによって色分けしてありますが、実際製作したものはブラックのパイプを使用しています。

青パイプ:450mm×  4本  155円 ×  4 =   620円

緑パイプ:750mm×  4本  520円 ×  2  =  1040円

赤パイプ:900mm×10本  310円 × 10 =  3100円

 

緑パイプは1500mmを半分(750mm)にカットして使用しました。

パイプのカットにはハンドカッターがあると非常に便利です。鉄製パイプですが、女性でも簡単に切断できますよ!

矢崎化工 イレクター専用φ28用ハンドカッター EK-1【メーカー直送:沖縄離島不可:代引不可】

 

後はジョイントでパイプを接続するだけで完成です。

J-4

角の部分は矢崎化工 Φ28イレクタープラスチックジョイント J-4 S BL ブラック

155円 × 8個 = 1,240円

 

 

 

J-7

T字接続の部分は矢崎化工 φ28イレクタープラスチックジョイント ブラック J-7A S BL【メーカー直送:沖縄離島不可:代引不可】【送料見積:北海道】

155円 × 4個 = 620円

 

骨組みにかかった費用は、6,620円

思っていたより費用がかかりましたが、骨組みは一番大事な部分なので、丈夫な素材で作るほうが安心です。

さて、ここからが本番です!

100均の出番だ!

本番と言いつつ、 正直、この後の工程は簡単です(笑)

「100均」と言いつつ「200円」なのですが、ダイソーで売っている「ワイヤーネット」を骨組みの周囲にペタペタとくっつけていくだけになります。

サイズもいろいろありますし、ニッパーで切れるので、サイズ調整も簡単です。

ワイヤーネット

 

「ワイヤーネット」同士の接続には「連結ジョイント」を使用し、

連結ジョイント

 

骨組みとの接続には「インシュロック」を使用します。ワイヤーネット以外は「100円」です!

インシュロック

 

かかった費用は

ワイヤーネット:200円 × 16枚         = 3200円

連結ジョイント:100円 ×   4セット  =   400円

インシュロック:100円 ×   3袋         =    300円

犬の自作ケージの総費用は?

6,620円(骨組み代)

3,900(周囲パーツ)

TOTAL 10,520円

わずかに目標オーバーとなってしまいましたが、強度もあって、同等のサイズのケージを購入しようとしたら、恐らく少なくても2倍以上はかかるでしょう。

自分的には大満足の出来でした。

今回は中型犬サイズと大きめなので1万オーバーでしたが、小型犬サイズで作る場合は半額以下でできるかと思います。

自作ケージのメリット・デメリット

 デメリット

  • 手作り感が出る
  • 製作の手間がかかる

室内飼いの場合、ケージはリビングに設置する場合が多いかと思いますので、室内デザインにこだわる方の場合はやはり手作り感が出て嫌かもしれません。

骨組みのパイプの色もいろいろありますので、装飾も工夫すれば綺麗に仕上がるかと思いますが、どうしても手作りらしい安っぽさ?が出てしまうかと思います。

また、ケージのサイズを考えるところから始めて、材料を購入し、組み立てるという作業になるため、その工程を楽しめないと手間がかかって面倒くさい作業になってしまいます。

でもでも、組み立て自体は非常に簡単なので、ぜひチャレンジしてもらえると嬉しいですね。

 メリット

  • 環境に合わせて自由にデザインできる
  • 犬の成長に合わせて変更できる
  • 安くできる(購入品の半額以下でできる)

自作の最大のメリットは環境に合わせて自由にデザインできることだと思います。

良いケージを見つけても寸法が合わないとかで悩むことが多いですが、自作だと自由に決められるので、人間と犬のスペースをお互い最大限有効活用できるからです。

今回ケージを作るにあたっては、ある程度犬が動き回れるスペースに加えて、トイレを明確にわけたいと考えて、当初想定していたよりも大きめに製作しました。

トイレスペースを作ったおかげで、ケージ内でのトイレはすんなりと覚えてくれました^^

また、最近少食過ぎて心配だったロッティですが、食事の場所とトイレスペースをしっかり分けたことが良かったのかわかりませんが、ドッグフードもしっかり食べてくれるようになりましたよ。

 

そのうち徐々に室内フリーの時間が増えていけば、ケージをどんどん小型化していこうかと思っています。そんなことができるのも自作ならではですね。

盲点だったのが、高さが750mmもあるため子供がトイレシーツを交換する時に上から手を伸ばしたのでは届かないことが後から判明しました。

ですが、「ワイヤーネット」の向きを変えるという、ひと工夫だけで解決しました^^

中からは押しても開かない

 

あと、犬のケージの場所は本来「文鳥」君がいた場所なのですが、それも自作ならではのひと工夫でうまく共生できております。

ついでに犬用品も置いたりしてるので、ケージを置く前よりも帰ってスッキリしたという説もあります(笑)

文鳥と共生

 

興味をもたれた方は、ぜひ自作ケージにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-犬のケージを自作しよう【DIY】
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© オーストラリアンラブラドゥードルの里親ブログ , 2017 All Rights Reserved.