犬のケージを自作しよう【DIY】

【犬の脱走対策】自作犬ケージの扉を改造DIY!

更新日:

我が家の犬のケージは自作なのですが、自作ケージで悩むところは扉をどうするかだと思います。

我が家のケージは、鉄製パイプで組んだフレームに100均(ダイソー)のワイヤーネットを縛りつけていくだけの単純な作りです。

DIYで作る犬用自作ケージは下記で紹介しています。

殿堂
DIYで犬のケージを安く自作しよう!

犬を飼うにあたり、まっさきに必要だと思い浮かぶのがハウスかと思います。 私の場合、これが非常に悩みました。外飼いであれば、犬小屋を用意すればいいだけかと思いますが、室内で飼う場合は飼い方によって様々で ...

そこで、扉の鍵としては下の写真のようなものを使っていました。

ストロング掛金

DIY-ストロング掛金1
ストロング掛金

自作ケージを作るからには「できるだけ安く作りたい」という思いから、当初は一番簡単な鍵を選んだのですが、我が家の賢い犬(里親バカ)には使えませんでした。

ロックしたつもりでも、掛金が緩んで水平になってしまうと外れてしまうのです。

もちろん、自然に緩むわけではありません!

原因は、「犬」です。

暇さえあればツンツン押して振動を与えているようで、徐々に緩んできてしまうのです。

DIY-ストロング掛金2

最初のうちは偶然かと思っており、脱出した犬を軽く褒めてしまったのがいけなかったですね。

一度覚えるとコツを掴んでしまい、徐々に脱出することが多くなってきました。

幸い留守中は大人しくしているようで、部屋が荒らされることはなかったのですが、留守中に脱出してしまうのは時間の問題だったので、対策を考えました。

打掛

対策を考えると言っても、せっかくDIYでケージを作ったのですから「安く作る意地」があります。

鍵についていろいろと調べた結果、ベストなものが見つかりました!

しかし鍵って本当にいろんな種類があるんですね。

今まで何気なくいろんな鍵を見てきましたが、その鍵の名前が浮かばずに苦労しました。

今まで使っていたのが「ストロング掛金」。どの辺がストロングなのかわかりませんが、簡易的な鍵には「掛」が付くことが勉強になりました。

DIY-打掛1

そして今回購入したのが「打掛」です。

犬は鍵が空いたら絶対にすぐ出てくるわけですから、鍵をかけるからには絶対に外れないようにしなくてはいけません。

その点、この打掛ならいくらツンツンされても外れることはありません。

最近、いつ脱出してしまうかビクビクしてましたが、これでもう安心です。

残念だったね、ロッティ(笑)

しっかりと2か所設置して完璧です!

でも、本当は部屋でフリーにしてあげるのが一番なので、しつけを頑張らないといけないな~と思っているところであります。

意地悪してるわけではないんだからね~、頑張ろうね~ロッティ~

おすすめペットグッズ

 ロッティが愛用しているドッグフードやおすすめのペット用品を紹介しています。

モグワンドッグフード

野菜大好きで小食なロッティも食べてくれるフードです。

手作り食の美味しさ×ドライフードの栄養バランス
プレミアムドッグフード『モグワン』

マットブレーカー

  • 毛を切りすぎずに毛玉をほぐせる
  • 刃はサビに強いステンレス製
  • 手にフィットする持ちやすいフォルム
  • 左用にもなる、左右入れ替えの出来る刃

犬用シャンプー プロポリス・ワン

プロポリス・ワンは、ペットのためのラグジュアリーシャンプーです。

配合成分プロポリスの殺菌&ノミ・ダニ対策力及び、コロストラムの保湿力の働きによって、害虫から皮膚をまもるだけでなく、清潔で美しい輝く毛なみへと導きます。

詰め替え用も有り♪

-犬のケージを自作しよう【DIY】
-,

Copyright© オーストラリアンラブラドゥードルの里親ブログ , 2018 All Rights Reserved.